SPIRIT

工房SPIRIT kisakiのゆるゆる日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

in to the Wild

映画の予告で見て、アラスカの雄大な景色が
鳥肌立つくらい美しくて、ロードムービー好きとしては
絶対に映画館で見ようと思っていたのに
結局、DVD鑑賞になってしまった。
そして、今の私は映画なんて見てちゃいけないし
mixiアプリで遊んでいる暇も無いはずなのに・・・。
誘惑がにすぐ負ける駄目駄目な私。






in to the Wild
アメリカで起こった実話でショーン・ペンが監督。
何不自由なく育った青年が大学を卒業と同時に
貯金を全額寄付し、クレジットや身分証明書を焼き捨て
自分探しの旅に出るというよくありそうな話ではあるのだけど
出来すぎなくらいな悲しい皮肉な結末。


もし、この映画を20歳前後で見ていたら
主人公に完全に共感して旅に出たくなっていたに違いない!
けど、残念な事にそこそこ歳を重ね
大人になってしまった私には主人公を取り巻く
周りの人への共感と、そちら側からの目線でしか
主人公を見ることが出来なかった事に
チョット寂しさを感じました。

痛いくらいに純粋で真っ直ぐな主人公は
もし今私の目の前に居たら
面倒くさいな~と思ってしまうかもしれない(笑)

監督が10年という歳月をかけて制作したらしいので
多分、綿密な取材をしてこの映画は限りなく真実に近いのかもしれないけれど
実際に彼が最後に思った事、残したメッセージは
誰宛のものだったのだろうと考えてしまった。

予告からはもっとお気楽ロードムービーだと思っていたのに
意外と切ない映画でした。
映像の美しさと音楽で重たくなりすぎずに
148分って上映時間も長く感じなかった映画だったな~。


そして、今私の手元には
パンズ・ラビリンス」が見なくてはいけないDVDとしてあります。

これも長い上に、ただのファンタジーでは無いらしいので
集中しなくてはいけない・・・。
見れるかな~?


スポンサーサイト
  1. 2009/09/14(月) 16:30:35|
  2. 映画・ドラマのこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<国立科学博物館 その1 | ホーム | 日本の職人技>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://spiritspirit.blog109.fc2.com/tb.php/110-4b7198af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。