SPIRIT

工房SPIRIT kisakiのゆるゆる日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

kisaki・・・やばいらしいよ

と、一部で噂になり問い合わせもある今日この頃。
私が夕方にクーガーを抱いて空を見上げて立ちつくしている姿の
目撃情報が多数有り、タイトルの様な噂につながったらしい。

大笑いさせて頂いたのですが、誤解の無い様釈明を。

知人が4~5年前にチューリップツリーと呼ばれている樹を
植えたのだけど一向に花が咲かなくて
樹を切ろうかと思っていると聞かされました。
調べた所、この樹花が咲くのに10年以上かかるらしい。

我が家の裏の家に、チューリップツリーがあって
家主に聞いたらやはり花が咲くのに15年かかったとの事。
その旨を知人に伝えたら、これからも花が咲くのを楽しみにするって。
ただ、いつ位が花の咲く時期か知りたいから
裏の家の花が咲いたら教えてと指令を受けました。

チューリップツリーはとても高い木で
裏の家の樹も5~6mはある立派なもの。
しかも花は上の方にしか咲かないらしいので
私はここ数日、日課のクーガーの散歩時に
その樹のチェックをしていた為、上を見上げていただけの事。


狂った訳でも、人生を悲観して自殺を考えてる訳でもありません。
ちなみに凹んでもいません、ご安心を。

そして、ここ2~3日で花も咲き始めたので
私が夕方の空を見上げている事も無いと思います♪

ちなみにこれがそのチューリップツリー。

77581a014509fc6ab989c0ab04be344f.jpg


しかし、我が家の前の道路は本当に皆が通るんだな~。







スポンサーサイト
  1. 2009/05/30(土) 21:23:08|
  2. 日々の雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

掃除機LOVE!!!

猫が掃除機嫌いというのは誰もが言う事で
家のクーガーも幼い頃は、音に驚いて逃げていたのに
今じゃ、どんなに寝てようが餌を食べていようが
私が掃除をし始めると飛んできて
掃除機の前を陣取ります・・・。

誰に言っても信じられないという顔をされるので
証拠VTR。
掃除機の音がかなりうるさいので
ヴォリュームを小さくしてご覧下さい♪




子猫を貰うと息巻いていた私ですが
ものすご~く悩んだ結果、今回は見送りました。
ここ数年の間で一番悩んで頭を使ったかも・・・。

もう悩む余地がないくらいの強引な出会いに期待します。

勢いって大事だな~。

  1. 2009/05/26(火) 10:40:34|
  2. 猫のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

悶々・・・

慢性子猫欲しい病の私。
マッキーが子猫を貰いに山梨県動物愛護センターに行くというので
軽い気持ちで「長毛種の子猫が居たら写メ送ってね♪」なんて言ったら
こんな動画が送られて来て私の子猫ゲットモードはいきなり最高潮に!!
クーガーの様な長毛では無いけどフワフワ系間違い無し。
もう、今日中にでも引き取りに行きそうな勢いになりながら
子猫を引き取るなら、その前にクーガーの予防接種に行かなきゃとか
(クーガーは完全室飼いの為通常1年に1回の予防接種を2年に1回の接種なのです)
必要な猫用品を考えたりと気持ちは妙なテンションでから回り。








取り敢えずは詳しい情報とマッキーん家の新しい家族を拝見しに突撃訪問を決行!
もう~、腰が砕けそうな可愛い子がそこに!!

DSC02309.jpg DSC02308.jpg

DSC02307.jpg DSC02306.jpg

私が抱っこさせて貰った所をあきちゃんが撮影してくれました♪

ちなみにこの子はニーナに命名されたそうです。
生後1ヶ月らしいけど、それより小さい気がする位本当に小さい!
多分400gあるかないか、すっかりメロメロです。

マッキーの所で詳細を聞き、その場ですぐTELしてみたけど
繋がらず取り敢えずは月曜日に再度チャレンジしてみる事に。
マッキーの家で子猫をたっぷり触った事でチョット気持ちもクールダウン。

帰り道、頭の中は子猫を飼いたい欲求と
妙にクールダウンして来た思考が戦い始めた。
問題は2つ。
まずはクーガーが新しい子猫を受け入れてくれるか。
もう1つは沢山の子猫が居る場所から1匹だけを連れ帰るなんて事が私に出来るかって事。
絶対に可愛い子猫を目の当たりにしたらチョイスなんて出来ない!
この子だけを連れ帰ってもその後他の子猫達を思って
自己嫌悪に陥る可能性MAX大!!
そう考えたら引き取りに行く事を躊躇してしまっている。

私のクーガーに対する愛情過多は自他ともに度を超している事があるので
クーガーも他所の猫に比べると本当に我が侭で
子猫を迎えた時のクーガーのストレスを想像して
すっかりネガスパイラルに陥ってしまった。
果たして1人で猫2匹を飼うなんて私に出来るのかとか
餌代や猫砂代や予防接種も倍になる事も
落ち着いて考えたらかなり大きな問題。

あ~、悶々する!!
持続力の無い私の思考回路が珍しくずっとモヤモヤしています。
月曜日まで悶々モヤモヤするんだろうな~、多分。







  1. 2009/05/23(土) 23:21:01|
  2. 猫のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

季節外れのサプライズ





DSC02290.jpg


毎回個展に必ず来て下さるWさんは
3年程前に八ヶ岳に越して来た、まだお若いご夫婦。
越して来る前に個展で初めてお目にかかり
たまごをとても気に入って下さり、何点か作品もご購入頂きました。

引っ越されていらした時にささやかな引っ越し祝いに
たまごの花器風オブジェをプレゼントしたら、本当に喜んだ下さって
いつになるか分からないけど自分で染めた何かをプレゼントします
と言って下さって、有り難く社交辞令として受けお礼を言っていたのだけど
先日突然彼女が家にやって来て
「本当に遅くなった上に季節外れでごめんなさい」と
ショールをプレゼントしてくれました。

彼女はプロとして作品を創っているわけじゃなくて
自分の家で落ち葉や木の実や樹を集めて、試行錯誤しながら糸や布を染めていて
庭の手入れやお家の事をしながら
そんな事をしているときが本当に楽しくて夢だったとチョット照れながら話してた。

多分越して来てすぐは生活のリズムを構築したり
季節ごとの環境に応じた身支度に追われ
じっくり趣味に没頭するなんて出来なかったと思うのだけど
それでも少しづつ材料を集めて
このストールを創ってくれたんだろうと思ったら
恐縮しながらも胸が熱くなってしまった。

私は染色や織の事良く判らないのだけど
ヨコイトはコリデールと言う羊の毛をそのままの色で
タテイトは自宅のくるみの実で染めて
スピンドルと言うコマの様な道具でせっせっと紡いでくれたとか。

写真じゃ分からないけど
このショール、2.5mくらいあるんです。
そんな大変な労力と時間を私の為に使ってくれるなんて~。
本当に涙ものです。

頂いてすぐ試着してみたら
「チョット色がきついと思ったけど全然負けてないね~、すごく似合う!!」
と彼女が言ってくれたのだけど、褒め言葉?
見た目よりとても手触りが良くてフワフワで本当に素敵なショールです。

冬は終わったばかりだけど
既に寒い季節を心待ちにしている私♪





  1. 2009/05/21(木) 22:10:29|
  2. 日々の雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ノルウェイの森








松ケン主演で映画化決定というニュースに反応してしまったけど
実はこの本、手元に置いておく事も我慢出来なくて
手放したくらい苦手な本でした。
こんな事は後にも先にも「ノルウェイの森」だけ。
他の村上春樹作品は普通に読めたし、好きな本もあるのだけど。

これは私が22~23歳の時に爆発的に売れた本でキヨスクでも
平積みしてあった本。
当時の仕事の東京出張の行き帰りで読破しました、キヨスクで買って。
で、翌日には同僚にあげてしまった。

その頃、私の周りは団塊世代の友達が多くて
その人達がこの本について熱く語りながら大絶賛していた。
団塊世代に憧れを持っていた私は、チョットでもその空気感を理解したいだけの
ミーハー心で読んでみたのだけど、あまりにも読後感が悪くて
かなり滅入っちゃって落ち込んだんだよね。

正直今は物語を全く思い出せないのだけど
当時は今よりももっと感受性が豊かで、好き嫌いがとてもはっきりしていた私。
曖昧な部分がまったく無かったお子様だったし
勘違いポジティブの塊みたいだったから
全く理解したくなかった世界観だったのだと思う。
すごくネガティブで、精神を病んで行く事が美徳で
都合の良い性欲を哲学的に描写していた事が嫌だった気がするのだけど
これを書きながら読みたくなって来た(笑)

あんなに憧れていた団塊の世代の人々に対する見方も
この本で変わったと言うか、この世界観を自慢している人達が
カッコ良く見えなくなったんだよね、確か。

20代の私が完全に拒絶した話を今読んでどう思うのか
是非近々読んでみようと思います。








  1. 2009/05/15(金) 00:01:59|
  2. 本のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なんちゃってファーマー





一気に夏の様な八ヶ岳。
庭の樹々や花が朝と夕方じゃ景色が違う…、うそみたい。

毎年春になると新しい花を植えたくなるのだけど
今年は花屋を見に行く間もなく植え込み時期を逃してしまった。
死んでしまったローズマリーだけミニミニ苗を3本植えただけ~。

今年は野菜でも植えてみようかな何て思っていたら
八ヶ岳あおぞら農園のあさま~さんからズッキーニのグリーンエッグの苗が
あるよと聞き、早速買いに行った。

このグリーンエッグ、数年前からお気に入りのズッキーニで
丸い形のズッキーニ。
スープには勿論なんだけど、輪切りにしてソテーすると最高に美味しくて
夏は私の常備野菜。
そのグリーンエッグが庭で取れる何て~♪

何でもズッキーニを育てた人によると苗一本からザクザク収穫出来て
食べきれないなんて話を聞き、今年は私もズッキーニ長者になれるかも~。
万が一受粉に失敗した場合の事も考え苗を2本購入。
ついでにお勧めのチェリートマトとバイカラーのズッキーニの苗を買ってしまった。

DSC02160.jpg

直径1m位のスペースが必要と聞き
スペースのある場所に点々と植えてみる。
こんな風に野菜の苗を植える何てファーマーからしたら
有り得ない事だと思うけど、私なんちゃってなんで
花と一緒に野菜が花の様に植えられててもOKです。
左がチェリートマトで右がグリーンエッグ♪

DSC02162.jpg  DSC02163.jpg

野菜の苗ばかりじゃ寂しくて、ハーブも1種類購入。
アフリカンブルーバジルって言う観賞用のバジル。
食べれるらしいけど、紫の花が可愛い上に香りがとても良いのです。

DSC02161.jpg

只今の我が家の庭はこんな感じ♪
この中に野菜達も植わってます、ちゃんと収穫出来る事を祈りながら♪♪

DSC02166.jpg

庭に置きっぱのイスのオブジェ。
今年は中の花をキャットミントとカモミールに植え替えてみました。
花が咲いたら良い感じのイスになりそうです!

DSC02174.jpg  DSC02173.jpg










  1. 2009/05/10(日) 20:45:42|
  2. 日々の雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

凹むな~(我ながら立ち直り早し)





財布を無くしました。
チョット信じたくはないけど盗られちゃったみたいです。

連休中、すっかり夜更かしモードと
真面目に制作して筋肉痛の嵐だったので
真っ昼間温泉に通ってたのだけど
どうも温泉で盗難にあったみたいで…。

その日、家賃の振込の為に郵便局に寄って
温泉に行き、帰りにコンビニに寄ったら財布が無かったと。
ただ、温泉でもロッカーは鍵付きだし
鍵を解放して荷物を置いてたのは、髪の毛を乾かしているほんの数分。
確かに混んではいたけど、そんな大胆な盗難ってあるかな~と
本当に信じられない。

最初は落としたと思い温泉に戻ってロッカーや脱衣所を探し
その後、警察へ落とし物届けを出しに行ったのだけど
警察と温泉の両方で盗難だと思うと言われました。
マジで~っっ?

その後が大変で、キャッシュカードやクレジットカードの紛失届を
出すものの連休中でとにかく手続きに時間がかかる上に
窓口が開いて無いので通帳でお金を出す事も出来ない。
メインバンクが何とか今週中にはカードを再発行してくれるらしいので
何とか生活に支障は無いとは思うけど
お金を降ろせないってだけで何だか不安。
いつもはパイント券で頂くPubのバイト代を現金で貰って
チョットだけ安心、良かった~Pubバイト頼まれてて。

盗られた財布には大して現金は入ってなかったけど
ポイントカードや大事なお守りが無くなった事がショック!
いつもは免許証や健康保険証も財布に入れてたのだけど
たまたま書類を書く為に財布から出していて助かった。
もし無くしていたら、これまた面倒な手続きが増える所だった~。

モノを盗られたって事がショックで
実は何所かに落としていて届けられないかな~と思ってしまう。
チョット緊張感が足りないのかな~。

凹んでると言いながらも
新しい財布を買わなきゃ~♪とネットサーフィンばかりしている私
実はあまり凹んでないのかも…。




  1. 2009/05/06(水) 22:56:45|
  2. 日々の雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

こどものおやつ





e0102223_2391429.jpg

あきちゃんに聞いた御子息G君の友達との会話の話。
G君の友達はG君の家で食べたミートパイの味が忘れられないと
常日頃からG君に話しているらしく
あきちゃんが再び遊びに来た彼に、ミートパイを出してあげたら
男の子2人で真剣に給食のメニューについて
話が盛り上がっていたらしい。

その話を聞いて私とあきちゃんは笑い転げていたけど
確かに子供時代の食に対する執着と言うか
記憶はその後の人生に多大なる影響を与える重要なキーワードだと思った。
私の好き嫌いの大半は子供の時のトラウマによるものだし
何しろ初めて口にする食の感動は
やっぱ子供時代が圧倒的に体験出来る事柄だし。


給食嫌いだった私は、給食に関して鮮烈な美味しい記憶は無いけれど
友達の家で出されたおやつの記憶は今でもはっきり残っている。

わたしの母は善くも悪くも独創的な人で
おやつも手作りのものが多かったけど
決してすべてが美味しい訳じゃなくて
悲しいかな私の偏食に多大なる要因であった事は間違いない。
ただ、今思うと毎日手作りのおやつを食べさせてもらったって事は
とても贅沢な事だったと思う。

確か小学4年生の頃だったと思うけど
友達の家で出されたおやつが
デコラティブなカップ&ソーサーで出された紅茶と
チーズスフレと手作りのクッキーだった。
漫画で見た絵に描いた様なおやつに驚き
初めて食べるチーズスフレに物凄い衝撃を受けた。
今思うとお土産物によくある様なチーズ蒸しパンみたいな
モノだったのだけど、初めて目の当たりにした洋風おやつに
すっかりやられた私。
カップ&ソーサー何て自分の家で使った事無かったし
手作りのクッキーも可愛い形で優しい味で
しかも友達も一緒に作ったのって聞かされ
私の中で彼女はいきなりお嬢様になってしまった。

あまりの感動に母や弟にも食べさせたくて
クッキーをお土産で持たせて頂き
鼻息荒く自宅に帰って母親に報告した憶えがある。
クッキーを作ってと数日間はしゃいでいた私に
母が作って出したのはパンの耳をあげて、お砂糖をまぶしたものだった。
なんだ?この地味なおやつは…と落胆したものの
意外と美味しかった、このパン耳は。

当時、家にはオーブンとか無かったので
母なりの苦肉の策だったのだと思う。
そう言えば。カップ&ソーサーでココアも出してくれた。

あと、衝撃だったのは豆腐屋さんの息子が同級生にいて
彼の家に遊びに行った時は冷や奴がおやつで出された。
彼の家に行く時は豆腐工場の中を通らないと自宅に入れなくて
今でも湿度の高い熱気の中を大豆の匂いが充満している
あの光景は絵に描けるくらいはっきり憶えている。
あの大豆の匂いの記憶で私は豆腐嫌いになってしまった。


G君の友達の記憶の中には、あきちゃんのミートパイが
鮮烈に擦り込まれて、この先大人になって
彼が何種類のミートパイを食べたとしても
初めて食べたミートパイを超える事はきっと出来ないと思うな~。





  1. 2009/05/04(月) 17:25:45|
  2. 日々の雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。