SPIRIT

工房SPIRIT kisakiのゆるゆる日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2クール





main_cast.jpg

DVDが出たら絶対買おうと思っていた2クール、予約はしていたものの
すっかり忘れていたら何と友達がくれました!
もう~、狂喜乱舞 �΂��B
深夜、テレビで放映されていた時2回しか見られなくて
発売を心待ちにしておりました。

まだ、全編は見ていないのだけど相当に良いです!
なんでこの2人は、いろいろなシチュエーションが
あんなに絵になるんだろう?
今の所、店番ってタイトルで
古い商店(よろずや風)で店番しながら
ゆる~いおしゃべりをしてるのがお気に入り!
暫くは2クールにどっぷりハマりそうです �O�[�I

他にも2作品のDVDを頂いたのだけど
その内の1つがデトロイトメタルシティのアニメ。
チョイスが凄いです ���G�G
スポンサーサイト
  1. 2008/11/24(月) 23:30:43|
  2. 映画・ドラマのこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Creation








テレビでやってた世界のアナログCMのNo.1ってCMです。
サンフランシスコの街を借り切って
坂の上から25万個のスーパーボールを一斉に解き放って
何台ものカメラでそれを撮影したもの。
やっぱやるじゃんSONY~っっ!!
この光景って子供の頃に夢見た光景なんだよな~。
このアイデアを最初に出したクリエーターも
絶対子供の時夢見た光景や、子供の時の好きだったモノの記憶を
鮮明にファイリングしてる気がする。

今日読んだ本の中でチョット素敵な話があって
ある鉱物好きの美術家の子供の頃の話なのだけど
遊び場になっていたお寺の庭で綺麗な平たい石の様なモノを見つけて
隣の家の人に尋ねたら「これは水の化石だよ」何て素敵な事を言われ
じゃあ水色のは「ソーダ水の化石だ!!」って興奮して集めたって。
結局それはガラスの破片だったのだけど
その人が石好きになる充分なきっかけになったって。

その近所の大人は何て素敵な人だろう~。

小さい頃の記憶って現在の自分の感性に多大なる影響を及ぼしていると
思うんだよね、本当に純粋に刺激を受けていた頃って。


話がそれちゃったけどこのCM、
私はこういうクリエーターの仕事を見ると
本当にモチベーションが上がります。

CGを全く使わずこれだけの作品を作るってすごい!!
あくまでも想像の話だけど
このアイデアが出た時、そんなこと無理だろうと否定したり
反対する人もきっと居たと思うのだけど
アイデアに共感して、これを実現する為の方法を皆で
柔軟に考えて、ありとあらゆる可能性を出して行って作り上げたのではないかと。
そして出来上がっちゃうと。

これって物事の本質だと思う。
どんな事でもそうだけど否定してたり諦めたら何も進まないけど
やろうとか、やりたいって前向きな小さなアイデアが寄り集まったら
想像以上の成果や結果が出せると私は強く信じてるし
絶対そう言う人間で居続けたい!
もちろん、じぶんがそう思えるだけの事柄ってのが最重要なんだけど �O�[�I

YouTubeにはこのCMのメイキングや
もう少し映像の綺麗なショートバージョンもありますので
興味のある方は是非ご覧下さいませ。




  1. 2008/11/20(木) 00:51:03|
  2. 好きなもののこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ペルセポリス









原作の漫画も相当良かったけど
アニメーション、最高でした!

原作よりはかなりコンパクトにまとめられているけど
内容はすごく分かりやすい。
現在のシーンはカラーで、回想シーン(が殆どですが)はモノクローム。
モノクロームのアニメーションが相当に美しい!
芸術的なアニメーションです。
オープニングとエンドロールだけで私はやられたな~。

中東ってニュースで見るくらいで
その情報からはネガティブなイメージしか無くて
なかなか入り込めないと言うか取っ付き難かったけど
市民の視点で描かれている事で分かるリアルな日常生活が
興味深いけど怖かった。
中東の国を出る大変さと国外の生活で感じる差別的なマイノリティ。
中東の外の国が理想的に描かれていない事もすごく説得力があって
明るく描かれてはいるけど彼女の体験は
想像を絶するものなんだろうと。

私は主人公のマルジと祖母の関係が大好き。
アニメーションを見てから又原作を読みたくなりました。
お勧めの映画です。

買っちゃおうかなDVD~。

  1. 2008/11/16(日) 23:01:17|
  2. 映画・ドラマのこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

選挙カーに乗る!





この歳で初めて体験する事柄ってのは
どんなジャンルでも実に新鮮で楽しい。

なんと生まれて初めて選挙カーを運転してしまいました。


nobori-chari.jpgこんな自転車じゃなく本当の車。




名古屋に住んでいた時、私は選挙と言うものに行った事が無くて
20歳になった時親に叱られ無理矢理行ったものの
無記名投票で帰って来たりして。

gogo馬鹿女だった頃は投票しない権利もある!などと訳の分からない事を
豪語しておりました。

選挙というか政治ってものが嫌いだったのです。
選挙の時は熱く公約を掲げ、これ見よがしなパフォーマンス的な
地元の商店街まわりをしている立候補者を映像で見て
当選した途端、その後はどうも上から目線の逆切れ発言やら
開き直り発言を見てはゲンナリしてました。
結局自分の私利私欲の為に動いてんじゃん、みたいな。

今は亡き叔母が市会議員の後援会長を長期間やっていたのも
私の選挙嫌いの要因であったかも。
彼女はそれは選挙に熱心でかなり威圧的に選挙活動をしていた印象があって
子供心にそれがとても苦手で
家の両親を含め、親戚も大なり小なりその権力の恩恵を受けていた。
社会に出てみれば、当たり前の半中の事ばかりだったけど
純粋な正義心溢れていた幼少時代は、そんな事すら都合の良い悪事に
思えて仕方なかったのですね~。

八ヶ岳に越して来て田舎暮らしというのもあり
狭い社会生活の平和を乱さない一環程度の意識で選挙には必ず行っていたけど
各立候補者が訴えかけてる事に興味を持つ事も無く
選挙ポスターの印象の良い人に投票なんて、かなりいい加減な選挙参加をしていました。

4年前に知人が市議会議院に当選して
それ以来pubで飲みながら本人と話す機会があったり
まわりの友達から分かりやすく、この小さな田舎町での行政の現状を聞いてると
身近で自分の生活にも大きく関わる事が沢山あったりと
自然とその手の話に耳を傾ける様になってました。

で、今回また市議会議員選挙があって選挙活動の応援をチョットだけ
させて頂いたのだけど、今までは見た事しかない選挙カーに乗るなんて
チョットわくわく。
応援演説しながら回ってると、道行く人の反応が多種多様で本当に面白い!
露骨に無視する人や、恥ずかしげに会釈する人、わざわざ外へ飛び出して
手を振ってくれる人や声援を送ってくれる人等々。
自分が選挙に出る訳でもないのに、やっぱ笑顔で手を振って貰えると
何だかめちゃくちゃ嬉しい。
今日が最後の応援演説の日だったけど、選挙カーを運転してからは
見かける選挙カー全てに思いっきり手を振りまくりました。

チョット感動したのが、地元の年配者の方々。
手を振ってくれながら「ご苦労様です、頑張って下さい」と言う方が多くて
行政って事に敬意を払ってた事。
私は今まで選挙活動をする人に「ご苦労様です」何て思った事も無ければ
言った事も無い。
おじいちゃん、おばあちゃんのがよっぽど意識が高くて
「市の為に働こうと思ってる人」に対してちゃんと労いの気持ちがあるんだって
事に感動して、その意識の全く無かった自分にチョットだけ反省。

明日が選挙、はりきって投票に行って来ます!











  1. 2008/11/15(土) 23:10:40|
  2. 日々の雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マルメロのジャム






11月は喘息発作の出やすい辛い季節。
気管支も喉も敏感になってチョットした事で
炎症を起こしたり発作が出たりでやたらと喉に良いものを摂取してます。

で、この時期すごく良く頂くのが手作りのカリンのジャム。
今年はマルメロのジャムを頂きました。


DSC01119.jpg

いままでずっとカリンとマルメロは同じものだと思っていたら
実は別ものだとか。
すごく綺麗なサーモンピンクのジャムでメチャクチャ美味しい �L���L���i�I�����W�j
ジャムにするとこんなに美味しいのに生食出来ないなんて不思議~。

梅もそうだけど、生食出来ない果物って
加工する事で栄養価が凝縮されて
身体にとても良いと思い込んでいる私です。

この時期、このジャムをお湯に溶かして飲むと
本当に喉が楽になるので風邪ひきの人や喉の調子の悪い人は
是非お試し下さいませ。

マクロをやってる友達の情報によると
喘息に効き目のある食べ物は蓮根だとか…。
なるほど、積極的に蓮根を摂取してみよう~と思うのだけど
蓮根ってそんなに沢山食べられるものじゃないよね… ���G�G
蓮根のスープって美味しいかな~?

  1. 2008/11/10(月) 22:57:32|
  2. たべもののこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

写真blog





ポラ日和ってのを立ち上げました。

DSC00579_convert_20081109153520.jpg


まだまだ要修正箇所はてんこ盛りですが
とりあえず…。
あ~、スキルが欲しい!
自分でHTMLの編集がサクサク出来たらもっと楽しいのに~。

こちらは1日1枚が目標!(あくまでも目標)
携帯で撮ったりデジカメで撮ったり
その日の1枚をアップする予定です �O�[�I
  1. 2008/11/09(日) 21:32:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Halloweenの美学





何故私がこんなにもHalloween好きなのか自分なりに考えてみたのだけど
間違いなく子供の頃に読んだ絵本とティム・バートン。
子供の頃に読んだ絵本はパンプキン・ムーンシャイン
(ターシャ・チューダーの本と知ったのは大人になってから)

これは外国=アメリカと思っていた位、幼き頃に読んだ本で
ハロウィンがどうのとかじゃなくて、日本の農家とアメリカの農家の
違いに大きな衝撃を受けた本。
絵本からの印象でアメリカのファーマーはこんなにお洒落で楽しそうなの~?
カボチャでランプ作るって何~?
みたいな感情が、カボチャ=ランプ=外国への憧れと
見事に短絡的な方程式として頭に焼き付き、その後子供なりに調べた知識で
万聖節(11月1日)の前夜祭にあたる行事のことで、10月31日に行われ、
もともとは2000年以上昔のケルト人の宗教的行事が、キリスト教に取り入れられた。
「万聖節」は、日本ではお盆のようなものをイメージ。
過去に亡くなった人が、この日にはよみがえると考えられている。
ってとこから見事にまたまた短絡的にお洒落なお盆とインプットされてしまった。

日本じゃ迎え火や送り火焚いたり、なすや胡瓜で馬や牛を作ってるのに
外国じゃ死んだ人がパーティしに帰って来ると思ってしまった。
そんなお馬鹿なお子様が大人になりティム・バートンを知り
子供の頃のお洒落なお盆とティムの世界観がばっちりシンクロして
今に至ってるワケで、ティム好き=ホラー好き=Halloween好き
となっているのです。

そんな短絡的な私なのでHalloweenにはホラー&ファンタジーってのは
必須の要素で仮装ネタもここからは外れる事が出来ない。
ディズニーランドのホーンテッド・マンションの中に居ても
不自然じゃないってのが、ある意味ドレスコード。
今年のIrish Pub BULL&BEARでのパーティは偶然にも
ホラーものが集結して私にとっては今までで一番楽しいパーティなのでした ���΂�
あと、今までの仮装ネタはカツラの締め付けがきつかったり
衣装が苦しかったり動きにくかったりと体力的にも厳しくて2時間位がリミット。
今回はすご~く楽ちんな衣装で身も心も200%楽しめたのも大きかったかも �O�[�I

2003年
2003.jpg

2004年
2004.jpg

2005年
2005_convert_20081102005047.jpg

2006年
2006.jpg

2007年
2007.jpg

2008年
2008.jpg


さてさて、来年は何にしようかな~ �n���E�B��










  1. 2008/11/02(日) 01:20:17|
  2. 好きなもののこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。